女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への治療履歴画像/解説
国仲涼子 (銀歯6本→セラミック歯12本←八重歯) 再更新
【まとめ】
国仲涼子は銀歯6本→セラミック歯12本←八重歯
→ (国仲涼子の歯の詳細)
国仲涼子は八重歯片側+出っ歯、
22歳:国仲涼子は銀歯(インレー)奥歯(上3本/下3本)、
27歳:国仲涼子はセラミック差し歯
(前上6本/奥上3本/奥下3本)。

【最新】 国仲涼子の歯は治療12本。

【ヒストリー】
 19歳の時、テレビデビュー後、21歳の時、国仲涼子は
朝の連続テレビドラマに主演していた。
 左上2番と右上2番が少し舌側転位し、右上3番の歯が
国仲涼子は唇側転位していて八重歯だった 
(新画像、22歳時)。
 国仲涼子は銀歯があり、右下6番に銀インレーを詰めて
いて、キラリと光っていた (画像は22歳時)。
 さらに、国仲涼子は銀歯があり、左下6番と左下7番にも
銀インレーを詰めていてキラリと光っていた 
(画像は22歳時)。
 さらに、国仲涼子は銀歯があり、右上5番、右上6番、
左上6番にも銀インレーを詰めていた。
 国仲涼子は銀歯が6本もあるにもかかわらず、
「いい歯の日」に日本歯科医師会主催の「ベストスマイル
オブザイヤー2001」を受賞していた。
 国仲涼子の銀歯スマイルを選定した歯科医師会は審美眼の
無さが知れ渡り、評判と信用が地に落ちるに違いない 
(画像は21歳時)。
 1枚前と比べると明らかなように、左上3番~右上3番の
上前歯6本の歯を国仲涼子は抜髄して歯冠を削り落とし、
歯根の穴にセラミッククラウン(屈曲金属コア付の差し歯)
6本を綺麗なアーチ形に並ぶように歯軸を曲げて挿して
歯並びを直していた (画像は27歳時)。
 2枚目や3枚目と比べると明らかなように、銀歯だった
左下6番、左下7番、右下6番の歯を国仲涼子はぐるりと
削って、セラミッククラウン(差し歯)を被せていて、
下顎の銀歯を一掃していた (新画像、27歳時)。
 4枚目と比べると明らかなように、銀歯だった右上5番、
右上6番、左上6番もぐるりと削って、国仲涼子はセラミック
クラウン(差し歯)を被せていて、上顎の銀歯も一掃して
いた (新画像、27歳時)。
 35歳の時、国仲涼子は結婚し、36歳の時、第1子男児、
38歳の時、第2子男児をそれぞれ出産していた 
(新画像、画像は38歳時)。
 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp