女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への治療履歴画像/解説
道端アンジェリカ (セラミック歯6本←隙っ歯)
【まとめ】
 道端アンジェリカはセラミック歯6本 →
(道端アンジェリカの歯の詳細) 
道端アンジェリカは隙っ歯上前歯2本→
<25歳:道端アンジェリカはセラミック差し歯上前歯6本
:便器白歯。

【最新】 道端アンジェリカ の歯は治療6本。

【ヒストリー】
 左上1番と右上1番の歯が道端アンジェリカは2本の間に
隙間が開いていて、隙っ歯だった (画像は12歳時)。
 相変わらず、隙っ歯だった (画像は17歳時)。
 左上1番と右上1番の歯を道端アンジェリカは削ってセラミック
クラウン(差し歯)を被せて隙っ歯を直していたが、左上1番と
右上1番が少し唇側転位していて上前歯2本が出っ歯に見えて
いた (画像は21歳時)。
 右上2番の歯を道端アンジェリカは抜髄して歯冠を削り
落として歯冠を削り落として歯根の穴にセラミッククラウン
(屈曲金属コア付の差し歯)を切端を唇側に曲げて挿し、
右上3番も削ってセラミッククラウン(差し歯)を被せて
いた (画像は25歳時)。
 左上2番の歯も道端アンジェリカは抜髄して歯冠を削り落として
歯冠を削り落として歯根の穴にセラミッククラウン(屈曲金属
コア付の差し歯)を切端を唇側に曲げて挿して、上前歯4本を
横一列に並べたが、左上2番の差し歯が白すぎて目立っていた 
(画像は25歳時)。
 左上3番の歯も道端アンジェリカは抜髄して歯冠を削り落として
歯冠を削り落として歯根の穴に屈曲金属コア付の差し歯(仮歯)を
切端を唇側に曲げて挿していた。
 左上3番を削り落す時に左上2番の差し歯が邪魔になったので
一旦外して黄色く小さめの差し歯(仮歯)を挿していたので八重歯
ぽく見えていた (画像は25歳時)。
 左上3番~右上3番の6本の差し歯を道端アンジェリカは
セラミッククラウン(蛍光物質入りの真っ白な差し歯)に交換
していた。
 上前歯6本の歯だけが道端アンジェリカは真っ白で
ハレーションを起こしていて目立ち、非常識な「便器白歯の
獅子舞」になっていた。
 差し歯の歯茎が紫色に変色していた (画像は25歳時)。
 26歳。
 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp