女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への治療履歴画像/解説
大島麻衣 (銀歯クラウン等7本、セラミック歯等13本←出っ歯/ガミー) 更新
【まとめ】
元AKB48の大島麻衣は銀歯7本経験/セラミック歯11本/
レジン歯2本 → (大島麻衣の歯の詳細) 
大島麻衣は出っ歯+ガミー、
20歳:大島麻衣は差し歯上犬歯1本、
21歳:大島麻衣は銀歯(クラウン)下奥歯1本,
大島麻衣は銀歯(インレー)奥歯(上4本/下1本)、
24歳:大島麻衣はセラミック差し歯上前歯6本、
28歳:銀歯(インレー)上奥歯+1本,差し歯上奥歯+1本,
レジン充填上奥歯2本、31歳:差し歯上奥歯+1本。

【最新】 大島麻衣の歯は治療15本。

【ヒストリー】
 18歳の時、大島麻衣はAKB48の1期生になっていた。
 一見、大島麻衣は歯が綺麗に並んでいたが、左上3番~
左上5番と右上3番~右上5番の切端が舌側(内側)に
曲がっていた。
 両隣の歯に比べて左上3番が歯が大島麻衣は白すぎて
目立っていた (画像は20歳時)。
 AKB48の大島麻衣は出っ歯で、さらに左上3番は差し歯で
歯茎との境目が黒ずんでいた。
 昔、左上3番の歯が大島麻衣は唇側転位していて八重歯
だったので抜髄して歯冠を削り落とし歯根の穴に、大島麻衣
はセラミッククラウン(舌側に曲げた屈曲金属コア付の
差し歯)を挿していたようだ (画像は20歳時)。
 上顎の綺麗なピンク色の歯茎が剥き出しになっていて
大島麻衣はガミーだった。
 AKB48の大島麻衣は銀歯があり、右下5番に銀クラウン
を被せていた。 
 左上3番が切端を舌側に曲げた差し歯なのがよくわかる
(画像は20歳時)。
 さらに、大島麻衣は銀歯があり、右下6番に銀インレー
を詰めていた (画像は20歳時)。
 さらに、大島麻衣は銀歯があり、左上4番、左上6番、
右上5番、右上6番にも銀インレーを詰めていた 
(画像は21歳時)。
 21歳の時、大島麻衣はAKB48を卒業していた。
 左上2番~右上2番の歯に大島麻衣は差し歯(仮歯)
を被せていたが、出っ歯とガミーが目立っていた 
(画像は23歳時)。
 左上3番の差し歯を外し、左上2番~右上2番の歯も
大島麻衣は抜髄して歯冠を削り落とし、さらに歯根を歯茎
の中まで3mm削って、これら5本の歯根の穴にセラミック
クラウン(屈曲金属コア付のやや小さめの歯冠の差し歯)
5本をアーチ状に並ぶように歯軸を回転し舌側に曲げて
挿して、歯肉を切除して歯冠の位置を上に上げて、
大島麻衣はガミーを軽減していた (画像は24歳時)。
 右上3番の歯も大島麻衣は抜髄して歯冠を削り落とし、
歯根の穴にセラミッククラウン(差し歯)を挿していた。
 しかし、横から見ると、歯茎から2mm前に上前歯が
飛び出していて、相変わらず、大島麻衣は出っ歯だった
(発掘画像、24歳時)。
 左上7番も大島麻衣は銀歯で銀インレーを詰めていた。
 5枚目と比べると、右上6番は銀歯のままだったが、
左上5番と右上5番の歯に大島麻衣はセラミッククラウン
(差し歯)を被せ、左上4番、左上6番にはレジン充填
していた (もち様御提供画像、28歳時)。
 27歳の時、3枚前と比べると明らかなように、
上前歯6本の差し歯を大島麻衣は真っ白なセラミック
クラウンに交換していた。
 さらに、右下4番~右下6番の歯にも大島麻衣は
セラミッククラウン(真っ白な差し歯)を被せていた
(画像は31歳時)。
 3枚前と比べると明らかなように、上前歯6本の歯を
大島麻衣は歯根を歯茎の中までさらに2mm削って歯肉を
切除して差し歯の歯冠の位置をさらに上に上げ、舌側に
後退させて、出っ歯とガミーを完全に直していた。
 差し歯を被せていない左上4番または右上4番の切端に
対して、上前歯の切端が5枚前では下だったが、3枚前で
ほぼ平行に直し、この画像では上に直したのが確認できる。
 右上5番の歯にも大島麻衣はセラミッククラウン
(真っ白な差し歯)を被せていた (画像は31歳時)。
 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 (予備)