女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への治療履歴画像/解説
石原さとみ (銀歯16本→セラミック歯等21本) 再更新
【まとめ】
石原さとみ は銀歯16本→セラミック歯19本/レジン歯2本
→ (石原さとみ の歯の詳細)
石原さとみ は歯が内向き、
16歳:石原さとみ は銀歯(インレー)奥歯(上8本/下8本),
石原さとみ はセラミック差し歯上前歯1本,
レジン充填上前歯3本,抜歯下前歯1本、
19歳:セラミック差し歯上奥歯2本,
セラミックインレー奥歯(上6本/下8本)、
27歳:セラミック差し歯上前歯+1本、
34歳:セラミック差し歯上前歯+1本。

【最新】 石原さとみ の歯は治療22本。

【ヒストリー】
 15歳の時、タレントスカウト番組で石原さとみ は
グランプリを受賞し、女優活動を本格化していた。
 全ての下顎の歯が石原さとみ は内向きで、右下2番が
歯列から外れて生えたようで抜歯していて、下前の歯が
石原さとみ は隙っ歯だった。
 左下4番~左下7番と右下4番~右下7番の下奥8本の
歯が石原さとみ は銀歯で全部銀インレーを詰めていた。
 全ての上顎の歯も石原さとみ は内向きで、左上3番と
右上3番の切端がそれぞれ内側(舌側に45度傾いていて、
左上3番の歯が石原さとみ は左上2番の裏に半分隠れ、
歯列から凹んでいた。
 右上2番の歯に石原さとみ はセラミッククラウン
(差し歯)を被せていて歯茎との境目が腫れていて、
右上1番~左上2番の3本の歯にも石原さとみ はレジン
充填していた (画像は16歳時)。
 左上4番~左上7番と右上4番~右上7番の上奥8本の
歯も石原さとみ は銀歯で全部銀インレーを詰めていた 
(画像は16歳時)。
 小さい頃、歯医者に連れて行かれてもドリルの音が嫌で
口を開けず虫歯の治療ができなかったので石原さとみ は
歯には随分泣かされたとラジオ番組で告白していた。
 19歳までに16本の銀歯を石原さとみ は全部白く直して
いた (画像は24歳時)。
 2枚目と比べると明らかなように、石原さとみ は銀歯
だった左上4番~左上7番の上奥歯4本を削り、左上6番の
歯に石原さとみ はセラミッククラウン(舌側の歯茎との
境目に黒い金属が露出した差し歯)を被せ、残りの3本には
セラミックインレーを詰めていた 
(マヒロ様御提供、画像は25歳時)。
 さらに、石原さとみ は銀歯だった右上4番~右上7番の
上奥歯4本も削り、右上6番の歯に石原さとみ はセラミック
クラウン(差し歯)を被せ、残りの3本にはセラミック
インレーを詰めていた。
 左上8番の親知らずが生えて歯を唇側に押したのか、
右上2番の右上1番側が45度唇側捻転し、左上1番より
唇側に飛び出していた (新画像左、27歳時)。

 さらに、1枚目と比べると明らかなように、石原さとみ は
銀歯だった左下4番~左下7番と右下4番~右下7番の
下奥歯8本を削り、セラミックインレーを詰め、上顎と
下顎の銀歯を一掃していた。
 2枚前と比べると明らかなように、左上3番の歯を
石原さとみ は抜髄して歯冠を削り落して歯根の穴に
セラミッククラウン(屈曲金属コア付の差し歯)を歯軸を
唇側に曲げて挿して、左上3番の舌側への曲がりを直して
いた (画像右、27歳時)。
 1枚前の画像右と比べると明らかなように、左上2番の
歯も石原さとみ は抜髄して歯冠を削り落して歯根の穴に
セラミッククラウン(差し歯)を歯軸を回転して挿して、
左上2番の捻転を直していたが歯冠が短く切端が丸まって
いないのが目立っていた。
 改めて3枚目と比べると、1枚前で左上3番、この画像
で左上2番の歯を石原さとみ がセラミッククラウン
(差し歯)に換装して歯並びを直したことがよくわかる 
(新画像、34歳時)。

 さらに1700人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 上げ