女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
上田桃子 (銀歯、八重歯→差し歯) 更新
【まとめ】
 プロゴルファーの上田桃子の歯は八重歯両側→
21歳頃:上犬歯1本抜歯,上田桃子は上(前歯3本/奥歯1本)差し歯,
上田桃子は奥歯銀歯(下1本クラウン,上9本/下1本インレー)、
28歳:上前歯+1本差し歯、30歳:(上犬歯1本/下犬歯1本)差し歯。

【ヒストリー】
 上田桃子は左上2番が舌側転位していて左上3番が唇側転位した
八重歯だった。
 右上3番はまだ萌出していなかった (画像は12歳時)。
 プロゴルファーの上田桃子は右上2番と右上4番との間に全く
隙間が無かったのに右上3番が唇側上方転位して萌出してしまい
八重歯(鬼歯)になっていた。
 上田桃子は右上1番を差し歯(硬質レジン前装金属冠)に換装
していて歯茎との境目が黒ずんでいた (画像は20歳時)。
 上田桃子は20歳の時、本人のブログで歯を抜いたと告白していた。
 抜歯したのは右上3番の鬼歯(八重歯)だった (画像は21歳時)。
 21歳の時、上田桃子は史上最年少の賞金女王になっていた。
 上田桃子は左上4番~7番と右上4番~7番の8本が銀インレーを
詰めた銀歯だった (画像は21歳時)。
 もう1枚 (画像は21歳時)。
 上田桃子は左上4番の頬側前方に銀インレーがはみ出していた
(画像は21歳時)。
 上田桃子の左下5番は頬側前方に銀インレーがはみ出した銀歯だった
(画像は21歳時)。
 上田桃子の左下6番は銀クラウンを被せた銀歯だった 
(画像は21歳時)。
 左下3番が唇側転位していた (画像は21歳時)。
 21歳の時、上田桃子は右上1番の差し歯をメタルボンド
セラミッククラウンで作り直して歯茎との境目の黒ずみを直し、
右上2番と隣の右上4番(右上3番は抜歯)を抜髄して歯冠を
削り落とし歯根の穴に上田桃子は屈曲金属コア付の差し歯
(メタルボンドセラミッククラウン)を少し唇側に出して挿して
歯並びを左上1番~3番と対称形に直していた。
 左上2番にも差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を
被せていた (画像は28歳時)。
 まだ少し八重歯ぽく見えていたので、左上3番を抜髄して歯冠を
削り落し、左上2番~右上2番、右上4番の差し歯を外して、
上田桃子は左上1番と右上1番は大きめ、左上2番と右上2番は
少し唇側に曲げ、左上3番と右上4番(右上3番は抜歯)は切端を
30度舌側に曲げた屈曲金属コア付の差し歯(オールセラミック
クラウン)6本を歯根の穴に挿して八重歯ぽさを払拭していたが、
上前歯2本が大きくて目立っていた。
 左下3番も歯冠を削り落して歯根の穴に屈曲金属コア付の差し歯
(オールセラミッククラウン)を舌側に曲げて挿して唇側転位を
直していた (画像は30歳時)。

 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/