女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
黒木瞳 (セラミック14本)
【まとめ】
元宝塚の黒木瞳はセラミック歯14本 →
(黒木瞳の歯の詳細) 黒木瞳は軽い八重歯片側、
34歳:黒木瞳はセラミック差し歯上前歯1本、
36歳:差し歯上奥歯2本、42歳頃:差し歯下奥歯4本、
43歳:差し歯上前歯+1本、46歳:差し歯奥歯(上2本/下4本)。

【最新】 黒木瞳の歯は治療14本。

【ヒストリー】
 宝塚入団時。
 左上2番が少し舌側転位し、左上3番が少し唇側転位していて
黒木瞳は軽い八重歯だった (画像は21歳時)。
 宝塚の娘役トップ時代 (画像は24歳時)。
 女優時代。
 左上4番がやや舌側転位し、左上6番がやや頬側転位していた
(画像は28歳時)。
 婚約時 (画像は30歳時)。
 黒木瞳の右上2番は差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)
だった。
 差し歯と歯茎との境目が黒ずんでいた。
 歯並びが凸凹していた左上4番~左上6番が一直線に並び、
歯の色が白くなったので差し歯に換装したようだ 
(画像は34歳時)。
 推測通り、黒木瞳は左上4番と左上6番に白いメタルボンド
セラミッククラウン(差し歯)を被せていた。
 差し歯の舌側の歯茎との境目に黒い金属が見えていた 
(画像は36歳時)。
 出産後。
 左下6番と左下7番に自歯と比べて淡黄色のオールセラミック
クラウン(差し歯)を被せていた (画像は41歳時)。
 黒木瞳は右下6番と右下7番にも自歯と比べて淡黄色のオール
セラミッククラウン(差し歯)を被せていた (画像は42歳時)。
 黒木瞳は左上1番も差し歯(オールセラミッククラウン)だった。
 右上1番の自歯に比べて左上1番の差し歯は白すぎ、部厚くて、
この1本だけ切端が唇側に出ていて乱杭歯ぽくなっていた 
(画像は43歳時)。
 歯髄を温存するために自歯を削る量を減らし、被せたセラミック
が割れないように差し歯を部厚く作ったためと思われる。
 黒木瞳は左上4番と左上6番のメタルボンドセラミッククラウンを
外し、左上5番を削って、左上4番~左上6番に丸みを帯びたオール
セラミッククラウン(差し歯)を被せていた (画像は46歳時)。
 右上6番にも丸みを帯びたオールセラミッククラウン(差し歯)を
被せていた。
 セラミックが割れないようにクラウンの角に丸みをつけたためと
思われる。
 左下4番、左下5番、右下4番、右下5番にも下前歯の自歯と
比べて白いオールセラミッククラウン(差し歯)を被せていた 
(画像は46歳時)。
 左上1番と右上2番の差し歯が白すぎ、左上1番が唇側に出ていて
目立っていた。
 差し歯のためか喫煙のためか歯茎が黒ずんでいた 
(画像は50歳時)。
 さらに1100人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/