女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
君島十和子 (八重歯→セラミック14本)
【まとめ】
 君島十和子はセラミック歯14本(含むインプラント) →
(君島十和子の歯の詳細) 君島十和子は八重歯片側,
19歳:君島十和子はセラミック差し歯上前歯1本、
21歳:君島十和子は摂食障害、
25歳:君島十和子は上14本(セラミック差し歯+インプラント)。

【ヒストリー】
 旧姓の吉川十和子の名前でモデル時代。
 右上2番が舌側転位し、右上3番が唇側転位して君島十和子は
八重歯だった。
 左上2番も昔は舌側転位していて左上3番も八重歯だったのを
やや緑色がかった差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)
を挿して向かって右の八重歯を直していたようだ 
(画像は19歳時)。
 左上3番は切端が鋭く尖っていて40度舌側に曲がっていた。
 右上3番の八重歯が目立っていた (画像は19歳時)。
 「21歳の頃、過食と拒食を繰り返していた」と本人の著書で
37歳の時、告白していたので、君島十和子は胃液を嘔吐して
虫歯だらけになっていたようだ。
 右上2番を抜髄して歯冠を削り落として歯根の穴に屈曲金属
コア付の差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を唇側に
曲げて挿して八重歯を直した他に、左上6番~右上6番をメタル
ボンドセラミッククラウン(差し歯)に全部換装し君島十和子は
総差し歯にして虫歯と歯並びを直していた (画像は25歳時)。
 上前歯6本の差し歯は裏側で連結していた。
 右上顎の総差し歯が確認できる。
 結婚出産後の披露宴時 (画像は32歳時)。
 左上顎の総差し歯が確認できる。
 左上3番は抜髄して歯冠を削り落として歯根の穴に屈曲金属
コア付の切端が尖っていない平らな差し歯(メタルボンド
セラミッククラウン)を垂直に植立するように歯軸を曲げて挿して
いた (画像は37歳時)。
 上前歯4本の歯冠が歯茎側に長くなっていた。
 左上顎の差し歯の歯茎が赤く腫れていた。
 左上4番の差し歯と歯茎の境目に黒い金属が露出していた
(画像は36歳時)。
 上前歯の総差し歯が確認できる (画像は38歳時)。
 右上1番と右上2番の歯間部に歯肉がなくて黒い隙間が開いて
いた。
 君島十和子は「歯にコンプレックスがあっていつもおすまし顔
だった」と42歳の時、女性雑誌で告白していた。
 差し歯の歯間部の黒い隙間や差し歯と歯茎の境目の黒い金属が
見えないように大口を開けないようにしていたと思われる
(画像は37歳時)。
 歯科医院や歯科技工士向けのオールセラミッククラウンの販売
促進パンフレットに君島十和子はモデルとして登場していた。
 しかし、君島十和子はメタルボンドセラミッククラウンの
総差し歯だったので歯と歯茎を隠していて奇異な印象を与えていた
(画像は41歳時)。
 宮沢りえの歯を直したことで有名な歯科で君島十和子はオール
セラミッククラウンの総差し歯に作り直した後、「2年間通院して
自然な歯になったので心おきなく笑えるようになった」と42歳の時、
女性雑誌で告白していた (画像は42歳時)。
 さらにその雑誌で「奥歯はインプラント。前歯はオールセラミック
クラウン。歯茎は自己移植で足した。」と主治医に説明させていた 
(画像は42歳時)。
 さらに1100人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/