女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
加藤夏希 (乱杭歯→セラミック+ラミネートベニア) 再々更新
【まとめ】
加藤夏希の歯は乱杭歯→
19歳:加藤夏希はセラミック差し歯上前歯6本、
28歳:抜歯下奥歯1本、
30歳:加藤夏希はラミネートベニア上(前歯6本差し歯/
奥歯4本):便器白歯。

【ヒストリー】
 右上1番の向かって左側が唇側に捻転し、右上2番の向かって
右側が唇側に捻転していた。
 さらに、左上4番と5番が舌側に転位して歯列から凹んでいた。
 また、左上2番~右上2番の上前歯4本のそれぞれ歯間隣接部に
加藤夏希は虫歯が出来ていて、左上1番は抜髄したために黒ずんで
いた (画像は17歳時)。
 左上3番~右上3番の6本を抜髄し歯冠を削り落として歯根
の穴に加藤夏希は差し歯(屈曲金属コア付の白いセラミック
クラウン)をそれぞれ舌側に曲げて挿して虫歯と歯並びを直して
いた。
 しかし、加藤夏希は差し歯の上前歯6本が白く浮いて見えていた。  
左上4番と5番の舌側転位に合わせて、左上3番の切端を
左上2番側へ曲げたが傾きすぎて不自然だ (画像は19歳時)。
 左下1番と右下1番がV字形に開いていた。
 左上奥歯と右上奥歯が45度舌側に曲がり、左上4番と
左上5番、右上5番が舌側転位し窪んでいたので歯並びに
違和感があり歯茎が茶色く変色していて加藤夏希は差し歯
の上前歯6本が白く浮いて見えていた (画像は26歳時)。
 後に加藤夏希は歯が奥歯まで綺麗に並んでいる人が憧れ
だった、(奥歯が窪んでいるのが見えないように)笑い
すぎない笑顔を作っていたとブログで告白していた。
 加藤夏希は右下6番を抜歯していた (画像は28歳時)。
 結婚後。
 非常識な審美感覚で芸能人の歯をいじり、それらの芸能人
や自身のブログで宣伝(ステマ)している歯科医のもとで、
左上3番~右上3番の差し歯と舌側に窪んでいた左上4番、
左上5番、右上4番、右上5番の10本に3枚目と比べると
明らかなように加藤夏希はラミネートベニア(白すぎる
貼り歯)を貼っていた。
 大きさを揃えた四角い歯冠のセラミック貼り歯を加藤夏希は
ずらりと獅子舞の歯のように段差なく平行に並べているので
天然歯の特徴である歯間上部の逆三角形の歯肉や歯間下部の
三角形の隙間がなくて、加藤夏希は入れ歯のように見えて
いた。
 歯茎が紫色に変色し貼り歯は白すぎてハレーションを起こし
加藤夏希は非常識な「便器白歯の獅子舞」になっていて、この
歯科医の技術の無さ、審美眼の無さが見てとれて可哀そうに
なる (画像は30歳時)。
 3枚目と比べると右上4番と右上5番の頬側に加藤夏希は
ラミネートベニア(貼り歯)を貼って舌側への窪みを直した
のが確認できる
 一方、下顎前歯に比べて上顎前歯は酷い出っ歯になり、
加藤夏希は歯が全部つながっていてマウスピースをはめている
みたいに見えていた (画像は30歳時)。
 3枚目と比べると左上4番と左上5番の頬側にも加藤夏希は
ラミネートベニア(貼り歯)を貼って舌側への窪みを直した
のが確認できる (画像は30歳時)。
 第1子出産後。
 加藤夏希はラミネートベニア(貼り歯)(左上4番)が
剥がれ落ちて、1本だけ窪んだ黄色い自歯が見えていた
(画像は31歳時)。
 加藤夏希は左上4番にラミネートベニアを貼り直していたが
その1本だけ少し青白かった。
 下顎は相変わらず黄色く凸凹の自歯のままだが、加藤夏希
はラミネートベニア(貼り歯)を上顎にずらりと獅子舞の歯の
ように真っ白で四角い歯を隙間なく平行に並べているので
加藤夏希は入れ歯のように見えていた (画像は32歳時)。

 この歯科医がブログで公表した患者の掲載者リンク一覧
http://yabuisha.webcrow.jp/chiryom.html#a16

 さらに900人以上の画像や解説を見るには■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
http://yabuisha.webcrow.jp/