女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
岡本真夜 (乱杭歯→セラミック8本) 更新
【まとめ】
岡本真夜はセラミック8本(内4本ブリッジ) →
(岡本真夜の歯の詳細) 岡本真夜は乱杭歯→
22歳:岡本真夜はセラミック差し歯上前歯6本、
24歳頃:差し歯上奥歯2本、
34歳:抜歯上前歯2本,セラミック差し歯ブリッジ上前歯4本。

【最新】 岡本真夜の歯は治療8本。

【ヒストリー】
 21歳の時、岡本真夜はシングルデビューしていた。
 左上2番の左上1番側と右上2番の右上1番側がそれぞれ
45度が唇側捻転し、右上1番の右上2番側が30度舌側
捻転し、左上1番の右上1番側が40度唇側捻転して
右上1番の唇側に少し重なっていて、岡本真夜は乱杭歯だった
(発掘画像、21歳時)。
 横から見ると岡本真夜は歯が凸凹に並んでいたのが
よくわかる (画像は21歳時)。
 1枚目と比べると明らかなように、左上3番~右上3番を
抜髄して歯冠を削り落とし、歯根の穴に岡本真夜は差し歯
(自歯に比べて白すぎるセラミッククラウン)6本を一直線
に並ぶようにそれぞれの歯軸を回転させて挿して乱杭歯を
直していたが、左上4番が舌側転位していたので左上3番が
八重歯に見えていた (画像は22歳時)。
 これら6本の差し歯は歯冠が逆三角形でそれぞれ切端側半分
が正中(左上1番と右上1番)に向かって25度曲がっていて
細長くて見栄えが悪かった。
 右上4番にも岡本真夜は差し歯(セラミッククラウン)を
被せていた (画像は23歳時)。
 左上3番~右上3番の差し歯(セラミッククラウン)を
大きな卵形の歯冠の差し歯(仮歯)に交換していた。
 左上4番を抜髄して歯冠を削り落とし、歯根の穴に
岡本真夜は差し歯(セラミッククラウン)を唇側に曲げて
挿して左上3番が八重歯に見えないように直していた 
(画像は24歳時)。
 「生まれつき虫歯が多く、ちょくちょく虫歯が出来て、
ずっと歯医者に通っている」
 「飛行機に乗ると気圧が下がるのでよく虫歯が痛くなる」
 「虫歯を抜髄して仮歯を挿していたら堅いパンを食べて
ヒビが入り寿司を食べてる時に仮歯がとれた」と岡本真夜は
ラジオ番組で告白していた。
 岡本真夜は26歳の時、結婚し、男児を出産していた。
 天然歯ぽく見せるために左上3番~右上3番に岡本真夜は
差し歯(やや小さめの歯冠でやや舌側に曲げたセラミック
クラウン)を挿していた。
 それらの差し歯と歯茎の境目が窪んでいた 
(画像は30歳時)。
 ステージでよくマイクに前歯をぶつけるので差し歯が長持ちしない
ようで、左上1番と右上1番をやや唇側にせり出した差し歯(オール
セラミッククラウン)に交換していた。
 さらに左上2番と右上2番も切端が正中(左上1番と右上1番)に
向かって20度曲がった差し歯(オールセラミッククラウン)に交換
していた。
 また、左上3番と右上3番を切端を舌側に40度も曲げた白い差し歯
(オールセラミッククラウン)に交換していたのでかえって目立って
いた (画像は31歳時)。
 度重なる差し歯の交換のため左上1番と右上1番の歯根が
割れたので抜歯し、左上1番と右上1番の黄色いダミー歯
(固定式の入れ歯)を左上2番と右上2番の歯根の穴に
挿した黄色い差し歯(ジルコニアセラミッククラウン)を
両端の橋脚とするブリッジを岡本真夜は架けて取り付けて
いた。
 左上1番と右上1番は歯根がないのが見えないように
歯茎側に歯冠を長くしていた (画像は34歳時)。
 PC専用・ブリッジとは?
http://www.sugiura-dent.com/treatment/hotetsu
 39歳の時、岡本真夜は離婚していた。
 左上2番~右上2番の岡本真夜の差し歯ブリッジは
黄色くて目立ち、左上1番と右上1番が唇側転位していて
岡本真夜は出っ歯に見えていた。 (新画像、42歳時)。
 さらに1200人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/