女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
安達祐実 (入れ歯6本、銀歯1本、セラミック7本) 更新
【まとめ】
安達祐実は入れ歯6本経験/銀歯1本/セラミック歯7本
(内3本ブリッジ) → (安達祐実の歯の詳細) 
6~14歳:安達祐実は入れ歯6本、
22歳:安達祐実は銀歯(インレー)下奥歯1本,
差し歯下奥歯2本、
27歳:安達祐実はセラミック差し歯(前上4本/奥上1本)、
34歳:差し歯ブリッジ(固定式入れ歯)上前歯3本。

【最新】 安達祐実の歯は治療8本。

【ヒストリー】
 安達祐実は左上2番~右上2番の永久歯が生えていた。
 その奥は乳犬歯が残っていて、左上3番と右上3番はまだ生えて
いなかった。
 さらに奥は乳小臼歯が抜けていて、左上4番と右上4番もまだ
生えておらず、歯のない空間が開いていた。
 その奥には乳大臼歯が残っていて、左上5番と右上5番はまだ
生えていなかった (画像は10歳時)。
 左上1番と左上2番の歯冠の上半分が歯茎に埋もれていて、
右上1番と右上2番に比べて短く左右非対称で見映えが良く
なかった (画像は10歳時)。
 左上3番~左上5番の乳歯が全部抜けてしまったので永久歯が
生え揃うまで、左上2番と左上6番を歯を削らずに被せて両側の
橋脚とする接着ブリッジ方式でプラスチックの偽歯茎付の左上3番
~左上5番の部分入れ歯を安達祐実は仮接着し装着していた
(画像は13歳時)。
 右上3番~右上5番の乳歯も全部抜けてしまったので、右上2番
と右上6番を歯を削らずに被せて両側の橋脚とする接着ブリッジ
方式でプラスチックの偽歯茎付の右上3番~右上5番の部分入れ歯
を仮接着し装着していた。
 そのため、それらの部分入れ歯はもっこりとしていた。
 もう1枚 (画像は13歳時)。
 14歳前にようやく永久歯が生え揃い、部分入れ歯を外していた。
 上前歯が小さくて歯茎が目立ち、グッキーになっていた。
 19歳の時、安達祐実は「6歳頃から乳歯が抜けた跡に入れ歯を
入れていました。8歳頃、ドラマ収録中に入れ歯が飛んで大恥をかき
ました。 今は永久歯ですが入れ歯に押さえられて成長せず乳歯
みたいに小さいんです。」とTV番組で告白していた。
 安達祐実は左上2番~右上2番の歯間隣接部にそれぞれ黒い虫歯
ができていた (画像は22歳時)。
 右上2番と右下2番が少し舌側転位していた。
 安達祐実の左下7番は銀インレーを詰めた銀歯だった。
 左下6番と右下6番にはハイブリッドセラミッククラウン(差し歯)
を被せていた (画像は22歳時)。
 左上2番~右上2番を削り、歯肉も少し切除して、安達祐実はやや
長い差し歯(セラミッククラウン)を被せて、虫歯を直し、
左右対称の歯並びにし、グッキーも軽減していた (画像は27歳時)。
 上前歯の差し歯の歯茎との境目が腫れていた。
 左上4番も削ってセラミッククラウン(差し歯)を被せていた。
 これらの差し歯は自歯に比べて白いので目立っていた。

 27歳の時、安達祐実は「乳歯が抜けたままだとモデルの仕事が
来ないので子供の頃から入れ歯だったんです。 違和感があるし堅い
ものが食べられませんでした。 今は所々差し歯です。」とTV番組で
告白していた。

 安達祐実は右上1番を抜歯して右上1番のダミー歯
(固定式入れ歯)を左上1番と右上2番の差し歯に連結した
ジルコニアブリッジを装着していた。
 斜め下から見ると右上1番の歯根のないダミー歯と歯茎との
間に黒い隙間が開いていた (画像は34歳時)。
 PC専用・ブリッジとは?
http://www.sugiura-dent.com/treatment/hotetsu

 さらに1200人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/