女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
浅田舞 (乱杭歯→歯列矯正→セラミック、銀歯) 再更新
【まとめ】
 浅田舞の歯は八重歯かつ乱杭歯→19歳:抜歯奥歯4本/浅田舞は歯列矯正、
21歳:浅田舞は銀歯上奥歯(クラウン1本/銀帯環1本)、
→<25歳:歯列矯正中止,差し歯上奥1本、
25歳:浅田舞はセラミック差し歯上前4本、27歳:差し歯下(前4本/奥2本),
銀歯(インレー)上奥1本→差し歯。

【ヒストリー】
 左上1番が少し唇側転位し右上1番の唇側に少し重なっていて
浅田舞は乱杭歯だった (画像は18歳時)。
 右上5番を抜歯して浅田舞は歯列矯正中で
右上4番と右上6番の間に隙間が開いていた (画像は19歳時)。
 左上3番と右上3番が八重歯で上前歯が乱杭歯だったのを
左上5番と右上5番を抜歯して浅田舞は歯列矯正中で八重歯も
乱杭歯も少し残り、左上1番が唇側転位して右上1番の唇側に
少し重なっていた。
 左上4番と左上6番の間は塞がっていたが左上6番の頬側が
薄黒く変色していた (画像は19歳時)。
 わずか2年後、虫歯で右上6番が歯冠崩壊し抜髄して歯根の穴に
金属支台を築造し、矯正ワイヤのアンカーを兼ねて右上6番に
銀クラウンを被せていたので、右上6番が浅田舞は銀歯だった
(マヒロ様提供画像、21歳時)。
 さらに、左上6番前方に矯正ワイヤの金属アンカーを仮着していた
ので、左上6番も浅田舞は銀歯に見えていた (画像は21歳時)。

 歯列矯正が進展せず、左上3番と右上3番が少し唇側転位していて
浅田舞は軽い八重歯で、左下3番、左下1番、右下2番が少し
唇側転位し、右下3番が舌側転位して下前歯は乱杭歯だった
(画像は22歳時)。
 歯列矯正を中止して、右上6番に浅田舞は差し歯(オール
セラミッククラウン)を挿していた (画像は24歳時)。
 歯列矯正を中止して、浅田舞は左上6番前方の金属アンカーを
撤去していた。
 相変わらず、左上2番と右上2番が少し舌側転位し、左上1番が
唇側転位して右上1番の唇側に少し重なり、右下2番もまだ
唇側転位していた (画像は25歳時)。
 それから、わずか数か月後、左上2番~右上2番の4本を抜髄して
歯冠を削り落として歯根の穴に浅田舞は差し歯(屈曲金属コア付の
オールセラミッククラウン)を上前歯4本がアーチ形に並ぶ
ようにそれぞれの歯軸を曲げて挿して綺麗な歯並びに直していた
(画像は26歳直前)。
 この画像だけ見ると天然歯と見分けがつかないが、6枚目の画像と
比べると上前歯4本を浅田舞は差し歯に換装して歯並びを直した
ことがよくわかる (画像は26歳時)。
 浅田舞の歯の変化について、ここまでの解説をまとめておく。
 2枚目~5枚目の画像から19歳~21歳頃に浅田舞は奥歯4本を
抜歯し金属アンカーを仮着して歯列矯正したものの上前歯の乱杭歯が
直らなかったのに、この画像のように26歳直前のわずか一週間で
少なくとも上前歯4本が激変していて6枚目と10枚目の画像を
比べても浅田舞が差し歯に換装したことは明らかだ
(画像は26歳直前、左:2014/06/30、右:2014/07/07)。
 歯列矯正時に左下5番と右下5番も抜歯してしていたことが
わかる。 
 左下6番と右下6番に浅田舞は差し歯(自歯と比べて白いオール
セラミッククラウン)を被せていた。 
 6枚目の画像と比べると歯列矯正で乱杭歯が直せなかった
左下2番~右下2番の4本を抜髄して歯冠を削り落として歯根の穴に
浅田舞は差し歯(屈曲金属コア付のオールセラミッククラウン)を
下前歯4本がアーチ形に並ぶようにそれぞれの歯軸を曲げて挿して
綺麗な歯並びに直していた (画像は27歳時)。
 浅田舞の左上6番は昔に銀インレーを詰めた銀歯で頬側後方の
残存歯質が薄くて欠けたが欠損部を再建せずに銀インレーを再形成
していて頬側後方の欠損部から銀インレーが黒く見えていた
(もち様情報、画像は27歳時)。
1枚前で銀歯だった左上6番をぐるりと削って浅田舞は差し歯
(オールセラミッククラウン)を被せていた (画像は27歳時)。

 さらに1000人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/