女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
アグネス・チャン (八重歯→差し歯、銀歯)
【まとめ】
 アグネス・チャンは八重歯片側で歯が黄色、
17歳:アグネス・チャンは奥歯銀歯(上4本/下4本インレー)、
36歳:上中切歯2本と上犬歯1本差し歯(軽い八重歯)→
51歳:アグネス・チャンは上前歯5本差し歯(軽い八重歯)、
56歳:奥歯差し歯(上3本/下3本)。

【ヒストリー】
 左上2番が舌側転位し、左上3番が唇側転位していて、アグネス・
チャンは八重歯だった。
 左上2番~右上2番の歯間隣接部にそれぞれ黒い虫歯が出来て
いてアグネス・チャンは「虫歯があるので香港に帰った時に直す」
と雑誌で告白していた。 
 さらに、アグネス・チャンは上下左右6番~7番8本が金インレー
を詰めた金歯のようで、「来日前、香港で8本の虫歯を治療した」と
告白していた。
 また、イギリスやカナダへの将来進出を念頭に彼らの綺麗な歯並び
を見るにつけ、アグネス・チャンは八重歯に違和感を感じていて、
来日にあたり、アグネス・チャンは八重歯も直そうとしたが、日本の
事務所が「八重歯がある方が可愛い」と直すのを止めていた 
(画像は17歳時)。
 アグネス・チャンの八重歯の左上3番は切端が唇側に30度反って
いた。 
 右上4番は切端が舌側に40度曲がっていた。
 この画像のようにアグネス・チャンは歯が黄色かったが、雑誌や
写真集ではいつも白く画像修整して綺麗な歯のイメージを作っていた 
(画像は18歳時)。
 アグネス・チャンは左上2番~右上2番の歯間隣接部にレジン充填
していた (画像は18歳時)。
右上1番を削ってアグネス・チャンは差し歯(メタルボンドセラミック
クラウン)を被せていて歯茎との境目が黒ずんでいた 
(画像は24歳時)。
 左上1番も削ってアグネス・チャンは差し歯(メタルボンドセラミック
クラウン)を被せ、右上1番の差し歯も交換していた 
(画像は33歳時)。
 アグネス・チャンは左上5番も銀インレーを詰めた銀歯で頬側前方に
はみ出た銀インレーが光っていた。
 左上1番と右上1番の差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)の
歯茎との境目の歯肉が逃げて窪んでいた。
 左上3番を抜髄し歯冠を削り落とし、歯根の穴に屈曲金属コア付の
やや尖った差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を少し舌側に
曲げて挿して、アグネス・チャンは八重歯を少し軽く見せていた 
(画像は36歳時)。
 アグネス・チャンは八重歯が唇や頬に突き刺さって血が出る悪夢から
ようやく解放された。
 43歳。
 アグネス・チャンは左上1番と右上1番の差し歯を外してオール
セラミッククラウンの差し歯に交換していた (画像は47歳時)。
 左上2番と右上2番も抜髄し歯冠を削り落とし、歯根の穴にアグネス・
チャンは屈曲金属コア付の差し歯(オールセラミッククラウン)を
唇側に曲げて挿して歯並びの凸凹を減らしていた。
 左上3番~右上2番に小さめの差し歯5本をアーチ形に並べて挿せば
八重歯を直せたのだが、欧米での成功の夢が叶わず日本のファンまで
失うと死活問題となるため、八重歯を差し歯に換装しても、アグネス・
チャンは八重歯の歯並びだけは直さなかった。
 左上5番も削ってオールセラミッククラウン(差し歯)を被せていた。
 アグネス・チャンは左上6番も金インレーを詰めた金歯で頬側前方に
はみ出た金インレーが光っていた (画像は51歳時)。
 右上5番も削ってオールセラミッククラウン(差し歯)を被せていた。
 右下3番の切端が唇側に30度曲がっていた。
 2枚目の画像と比べるとアグネス・チャンは左上3番の八重歯を差し歯
にして切端の唇側への反りを直したことがわかる (画像は53歳時)。
 左上2番~右上2番の差し歯と歯茎との境目が窪んでいた。
 右下6番に自歯と比べて黄色いオールセラミッククラウン(差し歯)
を被せていた (画像は56歳時)。
 アグネス・チャンは右上5番と右上6番に自歯と比べて黄色いメタル
ボンドセラミッククラウン(差し歯)を被せていて歯茎との境目が
黒ずんでいた (画像は56歳時)。
 アグネス・チャンは左下5番と左下6番に自歯と比べて黄色いオール
セラミッククラウン(差し歯)を被せていた。
 相変わらず、左上6番は金インレーを詰めた金歯で頬側前方に
はみ出た金インレーが光っていた  (画像は56歳時)。
 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/