女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
相沢紗世 (八重歯→差し歯、銀歯)
【まとめ】
 相沢紗世の歯は八重歯片側かつ乱杭歯、21歳:相沢紗世は上奥歯
2本銀歯(インレー)、21~26歳:相沢紗世は上前歯5本差し歯,
CM不適格,小臼歯3本抜歯,奥歯歯列矯正、31歳:チョコのCM出演。

【ヒストリー】
 左上1番の左上2番側が唇側に30度捻転し、右上1番の右上2番側
が唇側に70度捻転してV字形になっていて、さらに右上2番が
舌側転位し、右上3番が唇側転位していて、相沢紗世は八重歯かつ
乱杭歯だった (画像は18歳頃)
 右上1番と右上2番を抜髄し歯冠を削り落として歯根の穴に相沢紗世
は屈曲金属コア付の差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を
右上1番は歯軸を左上1番と平行になるように回転し、右上2番は切端
を唇側に曲げて挿して歯並びを直していた (画像は21歳時)。
 しかし、下から見ると、左上1番の左上2番側が唇側に30度捻転
しているので歯並びが悪く見えていた (画像は21歳時)。
 相沢紗世の左上6番と右上6番は銀インレーを詰めた銀歯だった
(画像は21歳時)。
 左下1番と右下1番がV字形に開き、右下2番が舌側転位していた
(画像は25歳時)。
 相変わらず、左上1番の左上2番側が唇側に30度捻転していた
(画像は26歳時)。
 それから3か月後、右上1番と右上2番の差し歯を外し、右上3番、
左上1番、左上2番も抜髄し歯冠を削り落として合計5本の歯根の穴
に相沢紗世は屈曲金属コア付の差し歯(オールセラミッククラウン)
を5本がアーチ形に並ぶように挿して綺麗な歯並びに直していた。
 さらに、左上5番、左下4番、右下4番を抜歯して、左上4番~
左上6番と左下6番~右下6番に金属ワイヤを巻きつけて歯列矯正
していた (画像は26歳時)。
 しかし、1か月後に金属ワイヤを外して裏側矯正に切り替えていた
(画像は26歳時)。
 裏側からの歯列矯正の進展に合わせて、左上2番~右上3番の
差し歯を一旦外して仮歯を挿していたが、左上1番に比べて右上1番
が短くて唇側転位し、左右非対称の歯並びになっていて
痛々しかった (画像は26歳時)。
 裏側からの歯列矯正が完了し、左上2番~右上3番の差し歯を作り
直していたが、天然歯ぽく見せるために右上1番をわざと少し唇側転位
させていた (画像は27歳時)。
 チョコレートのCMは食べて虫歯ができる不安を忘れさせチョコが
欲しいと思わせるため歯が綺麗なタレントを出演させるそうだが、
相沢紗世のチョコのCMを見るとチョコを食べると差し歯だらけになる
のではと不安になる (画像は31歳時)。
 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/