女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
高島彩 (八重歯→矯正、差し歯) 画像追加
【まとめ】
 高島彩は八重歯両側で歯が茶褐色→17歳頃:奥歯4本抜歯,歯列矯正、
18歳頃:高島彩は上前歯1本差し歯、25歳頃:下奥歯2本レジン充填、
26歳頃:上前歯ホワイトニング、<30歳:上奥歯4本レジン充填、
36歳:上前歯+1本差し歯。

【ヒストリー】
 上左右3番が唇側転位していて、高島彩は八重歯だった
(画像は16歳時)。
その後、歯列矯正していたようだ。
 高島彩は左上1番を差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)に換装
していた (画像は18歳時)。
 全ての歯が茶色っぽい黄色で、左上1番は自歯と色を合わせた
茶色っぽい黄色の差し歯だった(左上1番の歯茎が黒ずんでいた) 
(画像は23歳時)。
 昔、歯列矯正した時に、上左右4番を抜歯してしていた 
(画像は23歳時)。
 昔、歯列矯正した時に、下左右4番も抜歯していた。
 左下6番と右下6番の咬合面に高島彩はやや黄色いレジンを充填
していた (画像は25歳時)。
 ホワイトニング(漂白)して上前歯をかなり白くしたが、差し歯は
漂白できないので左上1番のみ茶色っぽい黄色で残ってしまった。
 右上1番の切端が左上1番の上に軽く交差していた 
(画像は26歳時)。
 高島彩は左上1番を白い差し歯(オールセラミッククラウン)に
作り直し、右上1番と平行に並べたため、これら2本がやや出っ歯気味
になっていた (画像は27歳時)。
 5年以上前に左上6番、左上7番、右上6番、右上7番に
レジン充填していたが、レジンが吸水して黒ずんでいた
(画像は30歳時)。
 左上1番の差し歯が両隣の自歯と比べて白すぎて目立ち、差し歯の
歯茎も少し黒ずんでいた (画像は32歳時)。
 著書やCM、等では目立たないよう照明を調整したり画像修整
したりしていた。
 結婚、出産後。
 高島彩は左上2番も削って差し歯(メタルボンドセラミック
クラウン)を被せていた。
 左上1番と左上2番の差し歯は自歯に比べて白くて歯茎が
黒ずんでいて目立っていた (画像は36歳時)。

 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/