女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
眞鍋かをり (銀歯4本→セラミック9本)
【まとめ】
眞鍋かをり は銀歯4本経験/セラミック歯9本
→ (眞鍋かをり の歯の詳細)
20歳:眞鍋かをり は銀歯(インレー)奥歯(上2本/下2本)、
26~28歳:眞鍋かをり は差し歯奥歯(上2本/下1本)、
32歳:眞鍋かを はセラミック差し歯前歯(上4本/下2本)。

【最新】 眞鍋かをり の歯は治療10本。

【ヒストリー】
 中学時代 (14歳)。
 眞鍋かをりは綺麗な歯並びに見えたが、右上1番の右上2番側が
20度唇側に捻転していた (画像は19歳時)。
 眞鍋かをりの左下6番と右下6番は頬側まではみ出して銀インレー
を詰めた銀歯だった (画像は20歳時)。
 左下3番が唇側転位していた。
 22歳の時、眞鍋かをりは「歯痛を我慢しきれず歯医者に行き
レントゲン写真を撮った所、3本の奥歯の銀インレーの下で2次虫歯
ができていてまず1本を抜髄した。」とTV番組で告白していた。
 抜髄したのが右下6番で、残り2本は左上6番と右上6番と推測
される。
 眞鍋かをりは左上6番と右上6番も抜髄して根管治療を続けていて、
23歳の時、TV番組で「2本虫歯があって歯医者でずっと治療して
るんです」と告白していた。
 一方、右下6番の根管治療は終わり、「この間1本結構ひどかった
のを治してもらって「歯を入れましょう。1本15万円です」と
言われた。」とTV番組で告白し、眞鍋かをりは右下6番にオール
セラミッククラウン(差し歯)を挿していた (画像は24歳時)。
 「ある日突然、セラミック製の奥歯が割れた。セラミックの白い歯は
すごく高いのに2年で簡単に割れちゃこまる。その奥歯代で何が買えた
かなー。」と眞鍋かをりは25歳の時、本人のブログで告白し、
クラウンを被せないまま放置していた。
 眞鍋かをりの右下7番は銀インレーを詰めた銀歯だった
(画像は26歳時)。
 眞鍋かをりは右下6番にジルコニアセラミッククラウン(差し歯)を
挿していた。
 右下7番にはレジン充填していた。
 左下6番はまだ頬側まではみ出して銀インレーを詰めた銀歯のまま
だった (画像は28歳時)。
 根管治療が終わり、右上6番にもオールセラミッククラウン(差し歯)
を挿していた (画像は26歳時)。
 根管治療が終わり、左上6番にもジルコニアセラミッククラウン
(差し歯)を挿していた (画像は28歳時)。
 親知らずが生えたためか、左下1番と左下2番の舌側転位が酷く
なり、左下3番の唇側転位が目立っていた (画像は30歳時)。
親知らずが生えたためか、右上1番の切端が伸びて唇側転位が酷く
なり、出っ歯に見えていた (画像は31歳時)。
 「歯並びがずれてきたので、下顎前歯を部分矯正し、上顎前歯を
最小限削ってセラミックにする」と眞鍋かをりは32歳の誕生日
直前にブログで宣言していた。
 それから、わずか一ヶ月半で下顎前歯の歯並びを直していた。
 9枚目の画像と比較すると歯列矯正ではなく、左下1番と左下2番
を抜髄し歯冠を削り落として歯根の穴に眞鍋かをりは屈曲金属コア付
の差し歯(オールセラミッククラウン)2本を切端を唇側に曲げ、
さらに左下2番は左下3番側を唇側に30度回転して挿して、
左下3番の唇側転位を隠蔽し、下顎前歯の歯並びの凸凹を直していた 
(画像は32歳時)。
 さらに、10枚目の画像と比較すると、左上2番~右上2番を抜髄
して歯冠を最小限ではなく全部削り落として歯根の穴に眞鍋かをりは
屈曲金属コア付の自歯と比べて白い差し歯(オールセラミック
クラウン)を舌側に切端を曲げ、4本の切端を揃え、アーチ形に
並べて挿して、出っ歯と上顎前歯の歯並びの凸凹を直していた。
 これらの画像から、眞鍋かをりが歯列矯正ではなく、差し歯による
審美治療を行ったことは明らかだ (画像は32歳時)。
 眞鍋かをりの左下6番はまだ銀インレーを詰めた銀歯のままだった 
(画像は32歳時)。
 さらに1200人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/