女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/出っ歯/八重歯から差し歯/入れ歯/矯正への追跡画像/解説
仲間由紀恵 (銀歯、差し歯) 大幅更新
【まとめ】
 仲間由紀恵の歯は、
20歳:仲間由紀恵は奥歯銀歯(上1本クラウン/下3本インレー)
:CM不適格,下(前1本/奥2本)抜歯、
22歳:仲間由紀恵は上前歯2本差し歯,上奥歯4本銀歯(インレー)、
26歳:上奥歯(2本差し歯/1本レジン充填)、
26歳:電動歯ブラシ/27歳:デンタルガム/
31歳:音波振動ハブラシのCM出演、32歳:上奥歯差し歯+2本。

【ヒストリー】
仲間由紀恵は左上1番の右上1番側が舌側に20度捻転し、
右上1番の右上2番側が舌側に30度捻転していて少し黒ずんでいた。
 左下1番と右下1番の中心(正中)が向かって右にずれ、左下2番
が歯列弓から外れてしまい抜歯していたので、下顎は3本前歯で
左下1番と左下3番の間に少し隙間が空いていた (画像は20歳時)。
 仲間由紀恵の右下5番と右下6番は銀インレーを詰めた銀歯だった
(ここ様情報、画像は20歳時)。
 仲間由紀恵は左下6番も銀インレーを詰めた銀歯だった 
(ここ様情報、画像は20歳時)。
 仲間由紀恵の左上6番は銀クラウンを被せた銀歯だった 
(ここ様情報、画像は20歳時)。
 仲間由紀恵は左上6番の銀クラウンに加えて左上5番、
左上7番、右上6番、右上7番も銀インレーを詰めた銀歯
だった (ここ様情報、画像は22歳時)。
 仲間由紀恵は左上1番を削って差し歯(メタルボンドセラミック
クラウン)を被せ、右上1番は抜髄して歯冠を削り落とし歯根の穴に
金属コア付の差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を歯軸を
回転して挿し、左上1番と右上一番を平行に並べて歯の色と歯並びを
直していた (画像は22歳時)。
 仲間由紀恵の左上1番と右上1番の差し歯は少し唇側に出ていて
歯茎が黒ずんでいた (画像は26歳時)。
 仲間由紀恵は「白い歯の秘密は差し歯」「電動歯ブラシで歯を磨いて
差し歯にしよう」とCMで宣伝しているのかな。
 仲間由紀恵は左上4番に白すぎるメタルボンドセラミック
クラウン(差し歯)を被せていた (画像は26歳時)。
 左上6番は銀クラウンをメタルボンドセラミッククラウン
(差し歯)に交換していた。
 左上5番は銀インレーを削ってレジン充填していた。
 仲間由紀恵の右上6番、右上7番、左上7番はまだ銀インレーを
詰めた銀歯だった (画像は26歳時)。
 「戦国時代に金属の詰め物などないので、女優だったら歯を
白く綺麗に直せ」と仲間由紀恵は批判されていたのに「白い歯の
秘密は銀歯の審美治療」「電動歯ブラシで歯を磨いて銀歯にして
審美治療しよう」とCMで宣伝しているのかな。
 デンタルガムのCMで「一生、自分の歯で暮らしたい。虫歯のない
社会へ」と宣伝しているのに、仲間由紀恵は「虫歯があるの」
「ほとんど毎日歯医者に通っている」「歯が痛いよぉ。奥歯抜いたんだ。
記念においとこうと思ってるんだけど、虫歯だからイヤなんだよね。」
と19歳の時、WEB日記で告白していた。 
 左下7番と右下7番を抜歯していたようだ (画像は27歳時)。
 デンタルガムを噛むと初期虫歯は「歯の再石灰化」により治癒するが、
虫歯体質だと虫歯の進行が止まらないことを「前歯が差し歯で奥歯を
虫歯で抜歯した」仲間由紀恵が自ら証明しているし、音波振動電動
歯ブラシで磨く白い歯の秘密は差し歯や審美治療だから、デンタル
ガムや音波振動電動歯ブラシのCMはブラックジョークだね。
 2007年6月4日の虫歯予防デー協賛の新聞全面広告で「歯は一生の
仲間」と宣伝していたが、仲間由紀恵は「虫歯を抜歯していた」こと
が明るみに出て「不適任」と批判されて、この一回限りで協賛新聞
全面広告を降板していた。
 仲間由紀恵の右上1番の差し歯と歯茎との間に無惨にも黒い金属が
露出していた (画像は28歳時)。
 今度の携帯音波振動ハブラシは細いキャップに収納するために短く
硬い毛先なので、弱く押し当てると歯間部や歯と歯肉の境目に届かず
磨き残しによるむし歯や歯周病、強く押し当てると歯根部の歯肉退縮
や磨耗による知覚過敏、むし歯を引き起こす恐れがあると歯科医から
指摘されている。
 それにもかかわらず、歯抜けで差し歯だらけの仲間由紀恵が宣伝に
再登坂したのは携帯音波振動歯ブラシで磨くと仲間由紀恵のように
差し歯や歯抜けになると身を持って警告しているのだろうか。
 実際、仲間由紀恵の下顎の3本前歯の左下1番の歯肉が退縮して
両側に隙間が開いていた。
 また、CMで仲間由紀恵が差し歯の上前歯をさらに白く画像修整
しているのは「あるある大事典」と五十歩百歩だね (画像は31歳時)。
 仲間由紀恵は右上4番にもメタルボンドセラミッククラウン(差し歯)
を被せていて歯茎との境目が黒ずんでいた。
 さらに、右上5番にもオールセラミッククラウン(差し歯)を
被せていたが自歯と比べて艶があり目立っていた (画像は32歳時)。
 仲間由紀恵の左上4番の差し歯と歯茎との間にも黒い金属が露出
していた (画像は32歳時)。
 仲間由紀恵の下顎は3本前歯で1枚目では左下1番と左下3番の
間に少し隙間が空いていたが、年が経って左下1番が少し左下3番側
に動いたので、左下1番と右下1番の間の隙間が大きくなっていた 
(画像は32歳時)。
34歳の時、仲間由紀恵は結婚していた。

さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/