女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
大林素子 (銀歯2本、八重歯→セラミック4本)
【まとめ】
元バレーボールの大林素子は八重歯/銀歯2本 →
セラミック歯4本→ (大林素子の歯の詳細) 
大林素子は八重歯両側→
25歳:大林素子は銀歯(クラウン)下奥歯1本、
28歳:銀歯(クラウン)下奥歯+1本,差し歯上前歯2本、
32歳:大林素子はセラミック差し歯上前歯4本。

【最新】 大林素子の歯は治療6本。

【ヒストリー】
 左上2番と右上2番が舌側転位していて大林素子は八重歯だった。
 左上1番の切端が向かって右に30度曲がっていて左上3番
との空間が狭くて左上2番が酷く舌側転位していたので歯が抜けて
いるように見えていた。
 右上1番と右上2番の歯間隣接部にそれぞれ虫歯が出来ていて、
右上1番は少し欠けて窪んでいた (画像は23歳頃)。
 右上2番は抜髄していたので茶色く変色していた。
 右上1番と右上2番にレジン充填していた。
 大林素子の左下6番は銀クラウンを被せた銀歯だった 
(画像は25歳時)。
 右上2番の歯冠を削り落とし歯根の穴に大林素子は屈曲金属
コア付の差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を唇側に
せり出すように曲げて挿して虫歯と向かって左側の八重歯を直して
いた。
 さらに左上1番も抜髄して歯冠を削り落として歯根の穴に差し歯
(メタルボンドセラミッククラウン)を挿していた。
 自歯と比べて右上2番と左上1番だけが白いので差し歯だとすぐ
わかった。
 大林素子の右下5番は銀クラウンを被せた銀歯だった 
(画像は28歳時)。
 30歳。
 左上1番の差し歯を外し、右上1番と左上2番も抜髄し歯冠を
削り落とし歯根の穴に大林素子は屈曲金属コア付の歯冠の幅が細い
差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を右上1番を少し
唇側転位させて向かって左に曲げて挿し、右上1番の舌側に
左上1番をやや重ねて向かって左に曲げて挿して左上2番の
スペースを確保し、左上2番を唇側にせり出すように曲げて
挿して、向かって右側の八重歯も直していた (画像は32歳時)。
 37歳。
 42歳。
 右下1番と左下3番が唇側転位していた (画像は42歳時)。
 さらに1200人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/