女性芸能人の歯・画像掲示板

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
浅尾美和 (差し歯、銀歯) 更新
【まとめ】
 浅尾美和の歯は、20歳:浅尾美和は上前歯1本差し歯、
21歳:浅尾美和は奥歯銀歯(上2本/下1本インレー),
奥歯差し歯(上1本/下1本)、29歳:上奥歯+1本差し歯。

【ヒストリー】
 浅尾美和は右上1番の左上1番との歯間隣接部に虫歯が出来て
いた (画像は17歳時)。
 浅尾美和は右上1番にレジン前装金属冠(差し歯)を被せていたが
黒く変色していた (画像は20歳時)。
 右上1番をセラミッククラウン(差し歯)に交換していた
(画像は21歳時)。
 右下6番にはハイブリッドセラミッククラウン(差し歯)を
被せていた。
 浅尾美和の左下6番は咬合部の大半に銀インレーを詰めた銀歯
だった (画像は21歳時)。
 浅尾美和の右上6番は銀インレーを詰めた銀歯だった 
(画像は21歳時)。
 浅尾美和は左上5番に差し歯(セラミッククラウン)を被せる支台を
築造するために歯冠を大きく削り落としていた (画像は21歳時)。
 浅尾美和は左上6番も銀インレーを詰めた銀歯だった 
(画像は21歳時)。
 浅尾美和の右上1番の差し歯は左上1番に比べて歯冠が短くて
歯茎が黒ずんでいた。
 左上5番にも差し歯(セラミッククラウン)を被せていたが歯冠が
小さく両隣の歯に比べて白かった (画像は23歳時)。
 23歳の時、差し歯と銀歯だらけなのに浅尾美和は「よい歯と
食育大賞」を受賞していた。
 歯並びや歯の白さと知名度を優先し「差し歯」を「よい歯」に選定
した歯科医や学会は審美眼や技術力の無さが知れ渡り、評判と信用が
地に落ちるに違いない。
 差し歯だらけの浅尾美和が「よい歯と食育大賞」を受賞したのは
「あるある大事典」と五十歩百歩だね。
 現役引退後。
 相変わらず、浅尾美和の右上1番の差し歯は左上1番に比べて
やや唇側転位し白すぎて歯冠が短く歯茎が黒ずんでいた
(画像は27歳時)。
 結婚、出産後。
 右上5番にも差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を
被せていた (画像は29歳時)。

 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/